介護事務とは?

介護事務という仕事は、まだ歴史が浅く、2000年4月に介護保険制度が開始されたのに合わせて誕生した職種です。

 

介護報酬の請求を担当する仕事で、正確には「介護事務管理士」という技能認定試験によって認定されている資格です。

 

介護施設の利用があるたびに、介護報酬明細を作成する必要があり、介護事務はどこの介護施設でも必要となっています。他にもケアマネージャのサポートなども、介護事務の業務の一環となっています。

 

>>介護事務の資格取得に掛かる期間は?<<

 

高齢化社会を迎え、介護の仕事は需要は増える一方ですので、介護事務の確保も重要な問題となっています。

 

現場で高齢者の介護する仕事としては、ケアマネージャや介護スタッフがいます。そういった人たちが介護の仕事に専念できるためにも、事務を専門に行う介護事務が設置されています。介護事務の仕事では、介護報酬の知識が必要となってきます。そのため、介護事務として働くためには、資格を取得することで、専門知識があることを証明する必要があります。

 

介護事務という仕事の特徴としては、働いている人の年齢層が幅広いことにあるのではないでしょうか。デスクワークが中心となっているため、あまり体力がない人であっても長く仕事をしやすいのが特徴です。またどちらかというと女性の多い職場ですので、女性の方には働きやすくおすすめできる仕事となっています。

 

一口に介護施設といっても、「通所施設」と「入所施設」に分類できます。通所施設というのは自宅で介護をしながら、部分的に通ってもらいながら介護を行うものです。入所施設というのは施設に住んでもらいながら、介護を行うもので、それぞれ介護事務の働き方も変わってきます。どのような施設であっても、高齢化社会が避けようもない現状では、仕事がなくなるというようなことは考えにくいでしょう。

 

介護事務は介護施設以外であっても、老人ホームや国保連合会、介護老人保健施設、病院など多くの場所で必要とされています。
介護を専門に扱っている施設ではなくとも、介護サービスは提供していて、やはり介護保険に関する事務作業というのがあるからです。


このページの先頭へ戻る